パソコン修理・販売、コンピュータネットワーク、ビジネス機器全般取扱、システム開発(ホームページ作成など)パソコンのトータルサポート

  1. お知らせ
  2. 12 view

ネットショッピング詐欺にご用心

先日知り合いの方からの相談。

「商品購入をしたが送られてこない。」

「相手先に電話したら違う会社だった。」

ショッピングサイトで仕事用の機材を購入したところ上記のような状態になっているということでした。

注文をして1週間以上経っていたので、振込手続き停止はできませんでした。

その商品の注文時のメールや購入サイトの画面をプリントしたものなどを見させてもらいました。

どうみてもおかしい点がありましたので、おかしいと思った点を列挙してみます。
ネットショッピングで商品購入をしようとしている方の何らかの参考になれば幸いです。

1.ショッピングカートが暗号化HTTPSではない。
通常のショッピングサイトはお客様の情報を保護する目的で、このような感じのHTTPSを利用します。

2.連絡先(電話番号・住所など)情報が不十分。
特定商取引法の規制で通販事業者は事業者の氏名、住所、電話番号などを表示しなければなりません。
電話番号の記載があったら、その番号を検索しその事業者であるかを確認するようにしてください。
今回の電話番号を検索すると全く違い会社でした。

3.販売事業者と振込先口座の名義が違う。
特に法人の業者の場合で、振込先口座が個人名などありえません。
社名変更などのタイミングで違う場合もありますので、口座名義が違う場合は必ず問い合わせをしたほうが無難です。

検索をかけたらTOPに出てきたから、値段が他より安いから、などネットショッピングをする上では重要な項目ですが
「TOPにでてきたから安心だ」とは限りません。
また、安いなら安いなりの理由がありますので価格だけで決定はしないようにしましょう。

購入前に最低限1.2.の項目をチェックし、不審に思ったらやめておくほうが無難です。
3.の振込の段階になっておかしいと思いやめるのも有りですが、それまでに登録をした個人情報は削除不可能で、再利用される場合もあると覚悟はしておく必要があります。
会員登録制の詐欺サイトの場合に、登録IDやパスワード、メールアドレスなど他のサイトで使っているものと同じの場合、そのサイトを不正利用される可能性もでてきます。(なりすまし、乗っ取り)

万が一詐欺にあった場合は、必ず警察に届けましょう。

その際にはショッピングサイトの印刷(購入手続き中に印刷しておく)と販売事業者とのメールの印刷など証拠となるものを用意してください。

スマホの普及やネット回線の普及で、手軽にどこでも好きなものが買えるようになってきました。
便利になった反面、詐欺に遭うケースも増えてきています。くれぐれもご用心を!

※上記判断は個人の見解であり、全てのネットショッピング詐欺に該当または正規のショッピングサイトはこうだ。という決め付けではありません。
※こちらに掲載した情報を元にチェックをしたが、詐欺に遭ってしまったという場合も責任は負いかねますので予めご了承ください。

お知らせの最近記事

  1. Amazonを騙ったフィッシングメール

  2. ※重要※ AppleStoreを語るフィッシングメールに注意を

  3. ウィルスメール

  4. ネットショッピング詐欺にご用心

  5. パソコン購入時のお願い(その2&まとめ)

関連記事